忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 20:43 】 |

無料ソフトを使い倒せ~究極のタダソフト「スクラッチ」その11

使う人から「作る人」になるためのソフト

スクラッチ

http://scratch.mit.edu/

(画面中央やや左からダウンロードできます)


*スクラッチではキャラクター画像のことをスプライトと呼びます。
スプライトを動かすプログラムをスクリプトと呼びます

スクリプトやスプライト、音、音楽ひとまとめにして、
プロジェクトと呼びます

 

スプライトの「見た目」コマンドについての続きですw

 

吹き出し付きでセリフを言わせることができます。

「□と言う」コマンドを使います。

試しに「ワン」とでも言わせてみましょうw(寒い冗談で失礼)

 

前回ではコスチュームについて解説しましたが、

他にも、大きさ、色を変えるコマンドもあります。


まず大きさ:

「大きさを□ずつ変える」(最初は「10」で表示されると思います)

続けて実行すると、少しずつ大きくなっていきます。


もうひとつは

「大きさを□%にする」

普通に表示されるサイズは100%です。縮めるなら100以下、
さらに大きくするなら100以上の任意の数字を入れれば自由に設定できます

 

色について

「□の効果を○にする」というコマンドがあります。

□には「色」と入力し、○には-100~100のあいだで
数字で設定するのですが、、、、、、、、、、、

ものは試しにこんなスクリプト組んでみましょうw


1:「色の効果を-100にする」

2:「10回繰り返す」

3:「色の効果を10ずつ変える」

4:「1秒待つ」

 

これで色がどう変化していくか眺めてみてみましょうw

「効果」の設定は、色以外にも


魚眼レンズ

渦巻き

ピクセル化

モザイク

明るさ

幽霊


、、、、、、、最後が微妙なモノですが、、、、、

効果ひとつとっても、遊びながら機能を確かめていけるんですねえw

 


(今回はここまで)

 

 

さてw想像してみましょ♪

http://www.youtube.com/watch?v=okd3hLlvvLw
(「イマジン」です。BGMとしてどうぞ)

 

 


違う次元、違う世界みたいに感じていた(たぶん、そうかと、、、)
「コンピューターのプログラム」を、身近なものに引き寄せることが出来ます

 

PR
【2009/11/24 07:13 】 | なんちゃってクリエイターの道具箱 | comment(0) | trackback(0)

<<無料ソフトを使い倒せ~究極のタダソフト「スクラッチ」その10 | HOME |無料ソフトを使い倒せ~究極のタダソフト「スクラッチ」その12>>

COMMENT:
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<無料ソフトを使い倒せ~究極のタダソフト「スクラッチ」その10 | HOME |無料ソフトを使い倒せ~究極のタダソフト「スクラッチ」その12>>

忍者ブログ [PR]